株式会社S-Nanotech Co-Creation

新素材・バイオテクノロジー

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

VISION

ナノテクの共創で継続的に新しい価値を生み出す

会社概要

株式会社S-Nanotech Co-Creation (SNCC)は2018年に島根大学のナノテクプロジェクトから生まれた大学発ベンチャー企業です。

島根大学では2004年からナノテクプロジェクトを立ち上げ、安心・安全・低コスト・簡易技術を特徴とするナノテクをテーマに、物理・化学・機械・電気電子・医学・生物・教育・人間科学などの様々な専門分野の教員が情報交換や連携を行い刺激し合う共創により、独自の技術シーズを生み出してきました。

SNCCは、異分野間の研究者が共同して新しい価値を見出す共創(Co-Creation)を理念とする本学のナノテクプロジェクトセンターの研究成果をもとに市場のニーズに基づいた研究開発を行い、実用化することによりナノテクをベースとした新しいものづくりの事業を生み出していきます。

現在計画されている事業としては、酸化亜鉛薄膜を用いた「高速蛍光体」事業と、エゴマ油粉体による「機能性食品」事業です。
酸化亜鉛薄膜を用いた高速蛍光体は光を用いた分析装置や診断装置の高分解能化・高感度化に寄与し、エゴマ油粉体は、地域の特産品である栄養価の高いエゴマ油を粉体化することで吸収性を高めるとともに、食品添加物としての利用範囲を広げるものです。

SNCCでは、これらの事業に加えて、ナノテクプロジェクトセンター及び国内外の有望なシーズ(新しい事業の種)に対して研究開発投資を行うことにより、優れた事業を島根に集め、地方大学の発展や地域経済の活性化への貢献、島根から技術革新を発信することを目指しています。

会社名 株式会社S-Nanotech Co-Creation
代表者名 代表取締役社長 藤田 恭久
設立年 2018年
所在地 島根県
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP https://sncc.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

藤田 恭久 (代表取締役社長)

1986年電気通信大学大学院 電気通信学研究科 物理工学専攻 修士課程 修了。
1986〜1999年 新日本製鐵株式会社勤務(半導体デバイスの研究開発に従事)
1999年~島根大学(現在,自然科学研究科 物理・マテリアル工学コース 教授)
2013年~島根大学ナノテクプロジェクトセンター センター長
2018年~株式会社S-Nanotech Co-Creation代表取締役社長
応用物理学会会員,日本ナノメディシン交流協会副会長
21世紀出雲産業支援センター技術顧問

メンバー

  • 北原 邦紀 (代表取締役)

    2001年度: 島根大学, 総合理工学部, 教授
    2005年度 – 2007年度: 島根大学, 総合理工学部, 教授
    2009年度 – 2012年度: 島根大学, 総合理工学部, 教授
    2015年度: 島根大学, 総合理工学部, 教授