最新ゲノム解析技術を用いた検査の開発・提供

Varinos株式会社

Facebook   X

会社の特徴

Varinosは生殖医療および産婦人科領域を対象としたゲノム検査の開発と提供を行う臨床検査会社です。

ゲノムの多様性(Variant)で診断(Diagnose)するゲノム医療時代に向けて、これまでにない新しいゲノム検査を開発しています。ゲノム医療の在り方を考え、次世代シーケンサー(NGS)を用いた臨床検査サービスの標準化を推進し、継続的なクリニカルシーケンスを提供することを目指しています。

アカデミア研究機関と医療機関のネットワークを活かし、開発から実臨床まで一気通貫の体制で新世代のゲノム検査の開発を行っており、不妊治療のための子宮内フローラ検査(超微量マイクロバイオーム解析)を世界で初めて実用化をしました。
さらなる妊娠における着床率‧出生率の向上を目指し、受精胚を対象とした着床前遺伝学的検査の開発を行っています。
生殖医療分野におけるゲノム検査の実用化は、不妊の原因を解明し最適な治療を行うことで従来の不妊治療によって生じる高額な医療費や患者の精神的身体的ストレスを削減することに直結します。
直近では、日本産科婦人科学会が主導するPGT-A多施設特別臨床研究に解析機関として参加しています。

最新のゲノム検査をタイムリーに市場に投入することで日本のゲノム医療の活性化を図り、医療の現場でゲノム検査がもっと身近なものになる社会の実現を目指しています。

VISION

ゲノム解析技術を通じて、家族の未来をつくる

Varinos株式会社は、
ゲノムテクノロジーを応用した臨床検査を迅速に開発・実用化し、
個人のゲノム情報に基づいた最適な治療選択ができる社会の実現を目指しています。

私たちは、単に検査を提供するのではなく、ゲノムや遺伝子のエキスパートとして
個人ごとに異なるゲノム検査結果を医師が理解し判断することをサポートします。

私たちは、ゲノム解析技術を用いて不妊・少子化の社会課題解決に挑戦し、
新しい家族を望む誰もが笑顔になれる社会をつくることを目指しています。

会社概要

会社名 Varinos株式会社
代表者名 代表取締役 CEO 桜庭 喜行
所在地 東京都
会社URL https://www.varinos.com/
設立 2017年
従業員数 31 〜 50人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

桜庭 喜行

代表取締役 CEO 桜庭 喜行

詳細を見る

2001年に埼玉大学で理学博士を取得後、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター、米国セントジュード小児病院等にてゲノム関連の基礎研究に従事。2011年にGeneTech株式会社に入社、検査技術部長を務め、日本に初めて新型出生前診断(NIPT)を導入。2014年にイルミナ株式会社に入社、エクゼグティブクリニカルセールススペシャリストとして、産婦人科分野の遺伝学的検査(NIPT、PGT-A)の市場開発に携わる。2017年に当社設立、代表取締役就任(現任)

インタビュー記事はこちら
齊藤 洋一

取締役 COO 兼 CSO 齊藤 洋一

詳細を見る

2008年北海道大学獣医学部卒業(獣医師)。アステラス製薬に入社し、日本・アジア各国における臨床開発を担当。2013年より株式会社ドリームインキュベータにてビジネスプロデューサーとして、大企業へのコンサルティング業務並びに、官庁の政策作り支援に従事。2016年よりエムスリー株式会社にて新規事業「メディカルマーケター(MM)事業」の立上げに中心メンバーとして参画し、サービスを確立させる。2018年に株式会社Preferred Networks入社、2019年より同社ビジネス開発担当執行役員を務め、バイオヘルケア事業の統括ならびに全社ビジネス開発統括に従事。2020年11月にVarinos株式会社に参画。

平川 秀年

取締役 CFO 平川 秀年

詳細を見る

2006年PwCあらた有限責任監査法人に入社(公認会計士)。国内外で事業を展開する国内企業における会計監査を3 年経験後、メガバンクにてチームリーダーとしてSOX(J-SOX・US-SOX)評価支援業務、内部統制導入支援業務を担当。
2015年株式会社GA technologiesに入社。現在(2020年10月期)時価総額1,000億円超となっているが、入社当時は社員数20名、管理部門を0名の状態から管理部門を構築し急拡大していく会社のバックオフィスを支え、取締役兼IPO準備責任者として2018年7月に東京証券取引所マザーズ市場に上場。上場後はIRならびにM&Aの責任者として事業会社2社を買収。
2019年株式会社キャスター、RECLOにいずれも取締役CFOとして入社。海外投資家含め総額10億円超の資金調達を実施。2021年1月Varinos株式会社に参画

コメント

藤岡 清高

藤岡 清高 株式会社アマテラス 代表取締役CEO

日本の少子高齢化社会の解決に貢献するFemtechスタートアップです。
日本の合計特殊出生率( 1人の女性が一生のうちに出産する子供)の平均数は2019年で1.36。人口維持のための合計特殊出生率は2.07から2.08と言われています。晩婚化等により初産年齢は上昇し、6組に1組のカップルが不妊の影響を受けているのが日本の現状で、テクノロジーの力で出産数を増やすことが必要になってきています。(2020.12)

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

Varinos株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

ゲノム技術で細胞の可能性を最大限に引き出す

株式会社Logomix
  • 新素材・バイオテクノロジー
東京都

Logomixは、バクテリア、酵母、動物培養細胞、ヒト幹細胞など様々な生物種の細胞や細胞システムを機能改変する、
世界でも数少ない合成生物ベンチャーです。
ゲノム大規模構築技術Geno-Writing™を有し、パートナー企業のニーズに合わせた合成生物学的ソリューションを提供し、
製薬企業、化学・素材系企業等、幅広い業種の企業様を中心に協業を推進しております。

いまLogomixが実現しようとしていることは、このタイミングで必要なミッションだと強く感じていますが、
仮にこの取り組みが時代の潮流からはまだ早かったとしても、新たな産業基盤に向けた次の世代の糧になればとも思っています。
今の段階から当社の優位性を活かし、合成生物産業で世界的なリーディングカンパニーを目指します。

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

微生物発酵を通じて、有用物質生産手法に産業革命を

ファーメランタ株式会社
  • 新素材・バイオテクノロジー
石川県

弊社は2022年10月に創業した合成生物学を利用した産業用人工菌株の構築における統合的な基盤技術を持つスタートアップです。
当社は情報解析技術を用いてさまざまな生物種からの最適な生合成遺伝子を組み合わせることで、大腸菌内で効率的な植物二次代謝産物の改変型生合成経路を構築することに成功しております。
また20種以上の外来遺伝子を1菌体に導入し適切に発現させることを可…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

血管の可能性を最大化し、革新的な治療法の提供へ

リバスキュラーバイオ株式会社
  • 新素材・バイオテクノロジー
大阪府

リバスキュラーバイオは、血管内皮幹細胞を用いた新規細胞治療薬の開発を進めるライフサイエンススタートアップです。
2022年10月、大阪大学微生物病研究所の髙倉伸幸教授の研究により発見された血管内皮幹細胞の活用を目的に、大阪大学の起業プロジェクトの一環で医師である大森一生氏をCEOに迎え創業しました。

全身に広がる“血管”の障害は様々な疾患の原因となり、とくに微小…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 地方スタートアップ

バイオマス複合材料と医療機器の開発

株式会社日進FULFIL
  • 新素材・バイオテクノロジー
京都府

◇ 医療×日進 新たな可能性を世界へ ◇
『自動車業界の技術をベースに医療機器開発がスタート』
戦後、ミシン部品の製造で創業し、自動車のエンジン部品の製造へ。ものづくりにひたすら真面目に、堅実に向き合ってきた日進製作所が今、医療機器開発に真剣に取り組んでいます。
医療機器事業が立ち上がったのは2015年。日進製作所の強みである精密部品加工の技術を医療機器に展開し、人々の健康的な生活に貢献したいという若手社員の想いが発端でした。2017年末には、島根大学医学部整形外科学教室が研究する「骨折治療支援システム」の構築に参画。これは、骨折治療で用いる接合素材「骨ネジ」を患者本人の骨から形成するという試みです。
日進製作所で、工作機械の開発で培った3次元ブロック形状加工の技術をベースに、骨ネジを加工する「骨用複…

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載