株式会社DFA Robotics

株式会社DFA Robotics

モビリティ・ロボティクス

株式会社DFA Robotics 株式会社DFA Robotics
ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

VISION

【VISION】
次世代の社会インフラの創造

【MISSION】
世界最先端ロボットを活用し、より良い暮らしを
実現するための社会インフラの構築

【バリューを生み出すために大切にしていること】
JUMP:様々な取り組みにチャレンジし、飛び越える
IMAGE:常に未来を想像し、仕事を創り上げる
FUN:未来に挑戦出来る贅沢を楽しむ
SPEED:素早く動き、早く考え続ける
PRO:プロとしてのレベルにこだわりを持ち続ける

会社概要

株式会社DFA Roboticsはロボット技術を活用した配送インフラを提供します。
BellaBot、KettyBot、PuduBot、HolaBotなどの配膳ロボット、下げ膳ロボット、配送ロボットの導入、導入オペレーションコンサルなどのサービスを通じて新たな社会インフラを構築していきます。またコロナ禍や人材不足で需要の高まる各種ロボットの実証実験、導入サポート、空の産業革命に向け大型産業ドローンの講習、販売など、世界のロボティックスを活用し未踏領域への挑戦をします。

人とロボットが一つのチームとして機能し、店舗運営をスムーズにするためにどんな準備が必要か。圧倒的な経験値をもとにご提案し、アフターサポートまでワンストップで対応できるのが強みです。

【配膳ロボット】
室内外のお客様に、自動で配膳することができるロボットです。決められた場所までお皿や飲み物を運ぶことができ、途中で障害物や人を避けたり、音楽や声をかけながら運行するなど配膳中の事故を防ぐ機能が備わっているものが多く、レストラン、コンビニエンスストア、病院など様々な場所で活用されています。

【コロナ禍によるニーズ向上】
新型コロナの影響により世界中が、
●非対面接客などの感染対策
●密を避けた営業における人手不足
など感染対策や営業体制の変更を実施してきました。
店内の配膳業務をロボットが担当することで、コロナ対策が可能になるだけでなく、人件費の削減にも繋がります。

会社名 株式会社DFA Robotics
代表者名 代表取締役社長 波多野 昌昭
設立年 2017年
所在地 東京都
従業員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://dfarobotics.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

代表取締役社長

波多野 昌昭

波多野 昌昭

インドネシア生まれオーストラリア育ち。青山学院大学を卒業した後、タイのチュラロンコン大学院へ進学。イギリス系コンサルティング会社に勤めたものの、リーマンショックで退職。
その後、2008年に漫画専用ネットフリックス[VizMedia]に創業メンバーとして参加し起業、2011年小学館へ売却。
2011年より楽天、リクルートのCVCにて海外スタートアップ向け投資を担当、合計14社への投資実績。
2015年に創業した、オンラインプログラミングスクール、株式会社BeSomebodyでは、生徒数10万人を達成、その後2017年に売却。
日本の離島で特産品を作っていた妻の物流に関する悩みをきっかけに、ドローン事業に興味を持ち、2017年9月にDrone Future Aviation Inc.を創業。
「世界を劇的に良くする社会インフラの構築」を目指し日本初の大型ドローンスタートアップを開始する。

メンバー

​松林大悟

​松林大悟 (COO)

1973年生まれ。静岡県藤枝市出身。明治学院大学を卒業後、広告代理店にて大手住宅メーカーを担当、最優秀営業賞獲得。
1998年より「ジャニーズ事務所」にてマネージャー、広報部、海外イベント事業部、チーフマネージャーを経て、2003年に起業。
​現在は家電販売EC、健康食品EC、飲食店、IT関連企業などを経営しながら、複数の企業に対して投資事業を行う。2018年1月DFAの取締役に就任し、主に事業戦略を担っている。

芝 隼人

芝 隼人 (執行役員 CHRO兼コーポレートディレクター)

大学卒業後、タイの大学院に進学。
帰国後にコンサルティングファーム、外資系ヘッドハンティング業界を経て、2012年よりリクルートのグローバル人材紹介事業(RGF)の立上げ期より参画し、外資系・グローバル人材事業の拡大に貢献。同社にてディレクターとしてTechnology領域の紹介事業を統括したのち、2018年9月より、株式会社WARC取締役に就任、2019年4月に、リクルート出身者3名で、不動産事業者の営業支援サービス「HOTLEAD」を運営するhomie株式会社を創業する。
代表退任後、投資業、ベンチャー立ち上げの管理部門機能立ち上げ、採用実務支援のコンサルティングに従事。

舟迫洋平

舟迫洋平 (チーフマネージャー​)

1999年に群馬工業高等専門学校を卒業後、千葉大学 工学部画像工学科(現、画像科学科)に編入学。
株式会社ウェザーニューズにて放送局向け天気予報CGのプログラムを担当。日産自動車株式会社、ヤフー株式会社を経て2017年にピーエイチ・プラス株式会社を設立。›
新たな映像表現としてドローンに着目し、機体製作から操縦、映像編集を行う。 機械工作をはじめとしたものづくりからWebサービス開発、ソフトウェア開発まで、「創る」ことの全てに関わらなければ気が済まない稟質。

斉藤徳将

斉藤徳将 (リージョナルマネージャー)

1988年生まれ。東京都出身。東京で米軍エアフォース基地で予算管理の仕事に就く。建築や施設管理部門のファイナンシャルマネージメントを担当。米国に出張や通訳の仕事も経験。
2017年より北欧スウェーデンに留学。イノベーションビジネスやスマートシティの勉学に励む。北欧の生活やバランスの取れた仕事のスタイルに共感して現地で仕事を開始。
2018年よりノルウェーに移住後オンラインビジネスを経て、DFAの理念とGRIFFのドローンのクオリティに感動して現地ノルウェーからリージョナルマネージャーとして仕事に携わる。

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

この企業の募集情報

ご登録いただくと、
全ての求人情報がご覧いただけます。

登録して求人情報を見る(無料)

既にアカウントをお持ちの方はこちら

ログインする