未来の課題を先進ロボットテクノロジーで解決

株式会社未来機械

ロボティクス

香川県

会社の特徴

■会社概要

 当社のロボットは、最新の研究成果と長年の経験に裏打ちされた機構設計技術及び制御技術によって設計されており、
 様々なソーラーパネルの形状を認識しながら自律走行による清掃が可能です。従来は高温・乾燥の劣悪な環境下で行われていたソーラーパネル清掃の効率化、清掃員の人件費削減に貢献しています。現在、インドならびに中東諸国では再生可能エネルギーへのシフトとして、大規模なソーラーパネルの設置プロジェクトが計画されています。

 インドは、人口増に対応するエネルギー問題野解決策として、国策支援導入を推進し、中東諸国は、石油資源枯渇問題および石油輸出による外貨獲得による国政の財務安定性確保から、普及促進を行っています。
 しかし、砂塵がソーラーパネルに付着する事による発電効率の低下やパネル清掃に必要な水資源の確保が大きな課題となっています。
 その課題の解決を実現するロボットとして、当社の開発したソーラーパネル清掃ロボットは期待されています。


■製品 (https://miraikikai.jp/products/)

・Type1|屋根上設置パネル向け
 現在、世界で最も安価かつ早く導入可能な発電方法は太陽光発電です。中東諸国・インドでは、環境への配慮に加え、深刻な電力不足をいち早く解決するためにも、太陽光発電所が次々に稼働し始めています。発電所は大規模なものに限らず、住宅の屋根や商業施設の屋上などにも広がっています。
しかし、こうした発電所では、砂漠乾燥地域特有の砂塵がソーラーパネルに付着することにより、発電効率が低下するという課題を抱えています。当社のロボットは、この課題を解決するものとして大きく期待されています。

・Type2|地上設置メガソーラー向け
 膨大な数のソーラーパネルをより効率良く清掃するために開発されたのがType2です。大型でありながら完全ポータブルのため、レール敷設などの初期工事は必要ありません。最大の強みは、段差踏破力。不整地に設置されたソーラーパネルであっても、その段差や隙間を乗り越えて、自らの姿勢を制御しながら走行を続けることができます。

・レーザー三次元センサー
プレス機による鋼板の曲げ加工など、生産工程中に形状計測が必要な産業現場において、従来の測定方法ではOK/NG判定しかできず、作業者による判定のばらつきもあることから、全数検査や数値管理が困難という問題を抱えていました。
当社のレーザー三次元センサーを使用することで、非接触で対象物の形状を計測でき、数値管理も可能になります。また、プレス機への組み込みや、ロボット・検査治具内への搭載により、ラインの自動化やお客様の品質向上に貢献します。

VISION

■私たちのビジョン
誰もが想像力豊かに、ワクワクしながら暮らすことができる。そんな社会を実現するために、私たちは「未来機械」を創り続けます。

会社概要

会社名 株式会社未来機械
代表者名 代表取締役社長 三宅 徹
所在地 香川県
会社URL https://www.miraikikai.jp/
設立 2004年
従業員数 11 〜 30人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

三宅 徹

代表取締役社長 三宅 徹

詳細を見る

1980年岡山県に生まれる。香川大学工学部在学中にはロボットコンテスト世界大会での入賞経験をもつ。学部時代の2001年には移動ロボットの機構が世界8か国で登録される。研究だけでは飽き足らず自ら次世代ロボットを実用化するため、同学大学院修士課程在学中の2004年に当社を設立、創業者。その後、同大学大学院工学研究科博士後期課程(知能機械システム工学専攻)単位修得満期退学。博士(工学)。2004年には史上最年少でNEDO委託事業の研究開発責任者を務める。2008年からは海外乾燥地域向けソーラーパネル清掃ロボットの開発に乗り出し、この分野における世界的なプレーヤとして認知されている。専門分野はロボット工学、特に作業移動ロボットの機構と制御に興味をもつ。グッドデザイン賞、計測自動制御学会SI優秀講演賞等、受賞多数。

求人一覧

現在公開中の求人情報がありません

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

株式会社未来機械の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

筑波大学発AIロボティクスベンチャー

株式会社Closer
  • ロボティクス
茨城県

【事業内容】
ロボット等の開発、販売、導入

食品、化粧品、医薬品(三品産業)を中心とした製造現場が直面する人手不足や生産能力の課題を、AI画像処理・ロボット制御技術で解決します。大変な作業はAIロボティクス技術で自動化する選択肢が当たり前にある世界を実現し、企業の売上や利益の向上競争力の強化、働きやすい環境を実現、産業の発展に貢献します。

■事業概要
株式会社Closerは、ビジョンである「ロボットを当たり前な選択肢へ」を目指す筑波大学発AIロボティクスベンチャー。
年々深刻化している労働不足の社会課題を解決するため、自動化の進みにくい食品産業をはじめとした中小規模の生産ラインを対象に、労働力を補完するロボットを研究開発・提供している。一貫した独自のフトウェア開発により、高い汎用性・簡単操作…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

テクノロジーで、もっとクリエイティブな社会を。

株式会社コズム
  • AI / モビリティ / ロボティクス / IoT / コンサルティング
東京都

受託開発と自社サービス開発の2軸で事業を展開しております。
受託開発では、業務システムの開発からAIを用いたアルゴリズム、IoT機器の設計開発まで幅広く行っております。
OSSの活用や、研究開発への投資により、2期目のスタートアップながら技術基盤の拡大に成功しております。

多くの案件に携わらせていただき課題を解決していくうちに、収集してきた共通課題やナレッジを活…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

IoT電力リソースアグリゲーションSaaS

株式会社Greenphard Energy
  • AI / ロボティクス / IoT / SaaS / 製造業 / 物流・配送 / サステナビリティ・環境
東京都

世界中のエネルギーの使い方を根本から変える。
Greenphardは地球規模の気候変動問題の大きな解決策の一つとなる、社会的インパクトの大きな事業を展開しています。
AIを駆使したIntelligent IoTで様々な電力需要設備をスマートに制御し、電力消費量を低減するだけで無く、電力を使う設備を逆に電力のリソースに変え、地域全体の電力の安定化に貢献し、脱炭素を実現すると同時に再生可能エネルギー比率の引き上げにも寄与します。

Greenphardは最先端IoTテクノロジーとデマンドレスポンスの仕組みを用い、様々な電力を使う設備や機械を制御することで「仮想的な蓄電池」を創出。
これにより街中の様々な設備が電力のリソースとなり、街自体がクリーンエネルギーを支えるリソースになるのです。

私達Gre…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

快適な生活と環境の両立を目指して

LEBO ROBOTICS株式会社
  • ロボティクス
東京都

風力発電機ブレードメンテナンスロボットを自社開発し、それを使ったサービス提供を軸とした、風力発電機運転開始後のブレードに対するスマートメンテナンスの提供を行っています。

■風力発電機メンテナンスロボット
地上からの遠隔操作で、空中にあるブレードに対して研磨/パテ塗布/塗装等の作業を高所で行うロボットです。スキャナとカメラを搭載し、ブレード形状や状態を把握し…

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載