21世紀の中核的産業の創造・育成を推進する

SBIインベストメント株式会社

Facebook   X

会社の特徴

SBIインベストメントは、SBIグループのアセットマネジメント事業における中核的企業であり、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行っています。

2023年3月末時点で累計投資社数は国内外合わせて1,156社に上り、そのうち198社をIPOやM&Aという形で世の中に輩出してきました。

現在は、従前の投資注力領域であるフィンテック、AI、ブロックチェーンに加え、「Society5.0 for SDGs」の実現に寄与する5GやIoT、ビッグデータ、「Industry4.0」を推進するロボティクス、ヘルスケア、インフラ、食品・農業などの幅広い産業における革新的技術・サービス領域などへ投資分野を拡大しております。

投資判断の基準は、経営者のビジョンや資質、マーケットの成長性や規模、新規性、競合他社との差別化、ビジネスモデルの実現可能性などになります。また、投資決定プロセスにおいては、ファンドの投資家を中心とした各界の専門家で構成されるアドバイザリーボードを設置するなど、外部のリソースを活用することで多角的かつ総合的な投資判断を行っています。

投資実行後は、投資先企業の企業価値の向上を図るべく、各企業の事業ステージに応じた事業提携の提案や役員派遣等人材の紹介、内部管理体制の構築、資本政策の作成、海外進出支援等のフルハンズオン形式による積極的な支援を行っています。

更に、SBI証券を中心としたSBIグループの経営資源を活用する事により、投資先企業の経営資源不足の解消を図り、IPOまでの一貫した支援体制を構築、提供することで、投資先企業の成長スピードを一気に加速することを可能にしています。

VISION

「新産業クリエーター」として21世紀の中核的産業の創造および育成を担うリーディング・カンパニーになる

会社概要

会社名 SBIインベストメント株式会社
代表者名 代表取締役 執行役員会長兼社長 北尾 吉孝
所在地 東京都
会社URL https://www.sbinvestment.co.jp/
設立 1996年
従業員数 51 〜 100人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

北尾 吉孝

代表取締役 執行役員会長兼社長 北尾 吉孝

詳細を見る

1996年の設立より当社を率い、国内外の有望未公開企業に合計680社以上への投資を行い、幾多の公開企業を輩出する日本有数のVCへと育てた。
野村證券在籍時には同社事業法人三部長、ワッサー・スタイン・ペレラ社のマネージング・ディレクターを歴任。IT産業の成長を確信し、1995年6月にソフトバンク常務取締役兼CFOに就任した。
ソフトバンク在籍中に資本市場を通じ3,000億円以上の資金調達を行い、ソフトバンクによるトレンドマイクロやヤフーなど国内外の企業への投資、M&Aを主導した。
また、早くから金融とITの親和性の高さに着目し、SBIグループを日本を代表する金融コングロマリットへと育て上げるなど、起業家としても豊富な経験と実績を有している。

後藤 健

取締役 執行役員副社長 後藤 健

詳細を見る

日本アイ・ビー・エム(株)にて、経営企画、新規事業ビジネス開発に従事した後、(株)ネットジャパンに取締役経営企画本部長として入社し、経営戦略・資本政策・財務戦略の立案と実行に従事するなど、企業経営の実務に精通している。
SBIインベストメント(株)においては、2007年4月にインキュベーション部長に就任。IT分野および環境・エネルギー分野を中心に投資を実行。複数のポートフォリオ企業の取締役を歴任するなどハンズオン支援に注力し、数多くのベンチャー企業をIPOに導いた。

中村 英司

取締役 執行役員専務 中村 英司

詳細を見る

野村證券(株)を経て、2020年4月(株)SBI証券に入社、2021年4月よりSBIインベストメント(株)へ転籍。
約20年間に渡り、フードセクター、ヘルスケアセクター、リテール・サービスセクターの上場企業のカバレッジを担当し、多くのM&A、ファイナンスを中心とした投資銀行業務を手掛けた。その後5年に渡り地方の上場企業のカバレッジを担当。日本全国に強固なネットワークを有し、法人ビジネス推進における豊富な経験と知見を有する。

仁位 朋之

取締役 執行役員 仁位 朋之

詳細を見る

1990年に三井信託銀行株式会社(現三井住友信託銀行株式会社)入社後、2000年にソフトバンク・ファイナンスグループ(現SBIグループ)のイー・ローン株式会社に入社。その後、東証一部上場のアルヒ株式会社の前身であるグッドローン株式会社(後にSBIモーゲージ株式会社へ社名変更)の創業メンバーとして経営に携わる。2006年にソフトバンク・インベストメント株式会社(現SBIインベストメント株式会社)に参画。以降15年以上にわたり第一線のベンチャーキャピタリストとして、数多くのベンチャー企業へ投資を行いIPOに導いてきた。現在は海外投資管掌の取締役として世界のAI、ブロックチェーン、Fintech、ITなどの分野へ投資を行うチームを率いる。

登 輝久

取締役 執行役員 登 輝久

詳細を見る

(株)熊谷組、ピーエスアイネット(株)を経て、2003年9月にソフトバンク・インベストメント(株)に入社。15年以上にわたる経理、税務関連業務の経験を有する。
2014年7月、SBIインベストメント(株)に入社し、ファンド管理業務を行っている。

加藤 由紀子

取締役 執行役員 加藤 由紀子

詳細を見る

アイエヌジー証券会社投資銀行本部を経て、SBIグループのヘルスケア専門VC、バイオビジョンキャピタルの立ち上げに参画。2005年にSBIインベストメント(株)に転籍後、投資部門にて国内外のベンチャー投資育成に携わる。
2016年4月よりCVC事業部にて事業会社と共同で設立運営するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンドを運用。

コメント

現在コメントはありません

求人一覧 (6件)

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

SBIインベストメント株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

ウェルネス・ヘルスケア領域を中心に投資支援

株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ
  • ベンチャーキャピタル
東京都

『起業家の伴走者として練達することで、社会問題の解決に貢献する』をミッションに掲げ、ヘルスケア領域でのスタートアップに対して、インパクト投資を実践するベンチャーキャピタルです。

事業利益を最大化させる為には、アウトカム(顧客への行動変容とそれ生み出す利益)を創出することが肝心だと捉え、アウトカム創出を重視したスタートアップへの投資支援を行っています。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)

世界トップレベルのアクセラレーター/VC

Plug and Play Japan株式会社
  • ベンチャーキャピタル
東京都

スタートアップ、大手企業、投資家をつなぎ、世界中のイノベーションを加速させることをミッションとして掲げ、2006年にシリコンバレーで創業。現在、世界18カ国30拠点以上に展開しています。
Plug and Play Japanは2017年に日本拠点として設立されました。
現在では40社以上におよぶ各業界を牽引する企業・団体がパートナーとして参画しています。当社はグローバルネットワークを活…

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

挑戦する人々とそれを支える人々を支援する

Karorino株式会社
  • SaaS / コンサルティング / ベンチャーキャピタル
東京都

社会のあらゆる課題を核心まで突きつめ、
自身のアイディアや技術を持って解決に取り組む人々が未来を作っていく。
Karorinoではそういった人々を支援することで、
誰もがビジョンを持ち、その達成に本気で取り組んでいける社会を目指します。

Karorinoの考える支援とは、決して一方的に与えるものではなく、
常に相互扶助で成り立ち、共に成長できる関係性を築くことで達成でき…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)

創業期に特化した、独立系ベンチャーキャピタル

株式会社mint
  • ベンチャーキャピタル
東京都

弊社は創業期のスタートアップへの投資に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。


▼ファンド状況
2018年の1号ファンドは約7億円でしたが、産業革新投資機構・中小機構をはじめとする機関投資家・大手事業会社の参画に伴い、直近ファンドは約53億円とファンド規模は7倍以上と高い成長率となっています(2022年にファイナルクローズ)。
次号ファンドではさらなる組織拡大を目…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載