アマテラスに登録して
求人情報を見る

ugo株式会社

モビリティ・ロボティクス

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

SCALE OUT HUMAN POSSIBILITY
アバターロボットで人々の可能性を解き放つ

そう遠くない未来。私達の暮らす環境や社会構造は大きく変わっていきます。
2035年には日本の3人に1人が高齢者となり、2050年には世界全体が少子高齢化社会になります。私達の価値観や考え方も変化し、働き方・暮らし方の多様化が進むでしょう。

Mira Roboticsでは、そんな未来を見据えた、人々の生活を豊かにするロボティクスサービスを開発しています。

会社概要

多様化する生活スタイルに合わせたロボティクスサービスとして、パートナーロボット、ロボットインテリジェンス、クラウド連携サービスを開発・提供しています。
メンバーは、エンベデッド・エンジニア、コンピュータビジョン・エンジニア、機構/意匠デザイナ、電気エンジニア、ロボットAI研究者(理学博士)で構成され、"SCALE OUT HUMAN POSSIBILITY"をミッションに、独自のテクノロジーを追求しています。

次世代型アバターロボット「ugo(ユーゴー)」
「ugo」は2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボットです。

【人 × ロボットで、日常に変革を!】
アバターロボットを活用し、人とロボットの分業モデルを構築することで、従来の労働集約型の日常業務を最適化し、少ない労働力で成り立つサステナブルなワークスタイルを実現します。

【人とロボットが効果的に分業するためのビルメンテナンス サービス】
ビルメンテナンスサービス業の深刻な人手不足を、遠隔操作のアバターロボットで解決します。現場にロボットを配備し、ネットワーク越しに遠隔操作で警備・点検・清掃・案内といったビル内サービスを提供することで、場所にとらわれず人材のアロケーションを可能とします。同時に、プラットフォームを通してロボットを操縦・指示することで、ビル内の情報をデジタル化します。

■ugo 紹介Webサイト
https://www.ugo.plus/

会社名 ugo株式会社
代表者名 代表取締役CEO  松井 健
設立年 2018年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://ugo.plus

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

松井 健 (代表取締役CEO )

2004年東京工科大学メディア学部卒。
2006年株式会社モンスター・ラボの創業メンバーとして参画し、様々な新規事業のスマホアプリやWEBシステムを開発する。
2011年IoTデバイス開発会社ミラを創業し様々なコネクテッドデバイスの開発・量産を経験して、2018年Mira Robotics株式会社を創業。
代表取締役CEOに就任。

メンバー

  • 白川徹 (取締役CDO)

    2009年千葉大学工学部デザイン工学科意匠系卒。
    アバターロボットugoの機構/意匠に関する全体設計を統括。
    ロボット、ウェアラブル、スマートトイ、ガジェットなど様々な製品の意匠・機構を得意とするエンジニア。
    2017年GOOD DESIGN AWARD受賞。

  • 羽田 卓生 (取締役 COO)

    1998年、立命館大学経済学部卒。
    同年ソフトバンク株式会社に入社。主に出版事業や通信事業部門で従事。
    2013年にアスラテック株式会社の立ち上げに参画。
    2019年7月より、株式会社ABEJAを経て、2020年にMira Robotics取締役COO就任。