アマテラスに登録して
求人情報を見る

FRAIM株式会社

AI・ブロックチェーン・量子

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

「文書作成を、再発明する。」

この世に毎日うまれる、数十億の文書。
その一枚一枚を、もっと速く、正確につくれたなら、
人類の働き方は、どれほど豊かになるだろう。

そんな問いから、私たちは、
文書作成を「しくみ」ごと変えることにしました。
AIをはじめ、あらゆる技術で、
次なる文書体験を開発していきます。

あたらしい働き方を、日本から、世界へ。
私たちは、フレイムです。

会社概要

「文書作成を、再発明する。」をスローガンに掲げ、私たちは「文書作成」から、ビジネスパーソンの生産性を高め、働き方を豊かにしていくことを目指しています。

AIを活用した文書作成支援サービス「LAWGUE(ローグ)」(https://lawgue.com/)を開発・提供し、現在、数百社の企業・事務所・官公庁などでご利用いただいております。

2021年10月に事業領域の拡大に伴う社名変更を行いました。
これまで磨いてきた「自然言語処理を中心としたAI」や「クラウド上での文書の高速編集テクノロジー」を生かし、ビジネスシーンの変革をさらに加速していくフェーズです。


<これからの取り組み>
~ビジネス文書作成を効率化する~
私たちはこれまで、契約書を主な対象にしてきました。今後はより広く、さまざまなビジネス文書から非効率を減らしていきます。例えば「規程」「IR・開示書類」「約款」「マニュアル」「議事録」「特許文書」など。あらゆるビジネス現場で「今までこのシステムがなかったとき、どんな働き方だったかわからない」と思われるような、次の当たり前を提供していきます。

~幅広いサービスやアプリーションに技術を提供する~
AIが文章を理解し、表現をストックし、提案してくれるなど、文書にまつわる弊社の独自技術は、世のさまざまなサービスやアプリケーションに搭載できます。めざすのは、気づけば人と文書のそばに必ずいて、的確にサポートしてくれる存在。私たちは、独自技術を幅広く使っていただけるよう、ライセンスを提供していきます。


<主なメディア掲載内容・受賞など>
・Forbes「Forbes 30 Under 30 Asia 2021(アジアを代表する30歳未満の30人)」に代表堀口が選出
https://www.forbes.com/30-under-30/2021/asia/enterprise-technology

・三菱UFJ銀行主催の第8回「Rise Up Festa」で最優秀企業賞を受賞
https://www.bk.mufg.jp/info/20210720_riseupfesta.html

など


【なぜやるのか】

ビジネスパーソンが一生で文書作成にかける時間は、10,000時間を超えるともいわれ、中にはたくさんの単純作業が隠れています。例えば「過去の参考文書さがし」「崩れたレイアウトの修正」「誤字脱字のチェック」など、いまだ数多くのステップを人の手で行っています。しかも時間を費やしているのが、専門性の高いプロフェッショナルな人材であることも多く、非常にもったいない状況なのです。

そんな非効率の数々を、AIのサポートによって、誰でも解消できる時代がきています。実際に、弊社システムの「LAWGUE(ローグ)」は、2秒で過去文書を発見する、人の10倍速で体裁を修正するなど、人の相棒として大きなサポートができると実証済みです。私たちは文書作成を「しくみ」ごと変え、生産性を高める取り組み、言わば「ドキュメントDX」を進めていきます。


「「今までこのサービスがなかったとき、どんな働き方だったか」わからない、と思わせるような変化をもたらしていきたいです。ビジネスのスピードを上げていくために、何か書類を書いていくこと、文書を作っていくことにかかっている時間、そのうち無駄と言えるような時間を削減していくことで、「前はこんな面倒なことをしていたんだ」と思わせるような変化が起これば、非常に意味のあるところだと思います。残業時間や、仕事のストレスの解消につながっていくものと思います。」(代表取締役社長 堀口 圭)

会社名 FRAIM株式会社
代表者名 代表取締役社長 堀口 圭
設立年 2018年
所在地 東京都
従業員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://fraim.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

堀口 圭 (代表取締役社長)

司法試験合格後、弁護士となり、ドキュメント・参考条項の検索や、インデントの修正、条番号の確認など単純なWord操作に費やす時間が膨大であることに課題を感じ、AIを用いたシステムにより非効率な業務をなくすことを目的として2018年4月に当社設立

「Forbes 30 Under 30 Asia 2021(アジアを代表する30歳未満の30人)」選出
https://www.forbes.com/30-under-30/2021/asia/enterprise-technology

< 経歴>
1994年1月栃木県下野市生まれ
2013年4月東京大学法学部入学
2015年10月大学3 年次に司法試験合格(同年度最年少)
2017年4月弁護士登録(第二東京弁護士会)
2017年4月東京大学法学部卒業後、外資系法律事務所に入社、主にM&A 分野を担当
2018年4月株式会社日本法務システム研究所(現:FRAIM株式会社)を設立

メンバー

  • 橋本 浩一 (常務取締役)

    豊田通商入社後コーポレートファイナンス業務全般担当、その後メリルリンチ日本証券、ドイツ証券に合計14年勤務、元事業法人部長。市場部門、投資銀行部門にて一貫して事業法人を担当。その後常務取締役として参画

  • 船橋 賢司 (管理部長)

    東京大学経済学部卒業後、株式会社三菱UFJ銀行に入社。法人RM、企画業務を経て、2020年1月FRAIM株式会社に入社。現在は管理部長として主に人事総務、財務経理、情シスを担当。

  • 宮坂 豪 (取締役CTO)

    法令・例規を中心としたNLP/AI分野の多数の研究開発実績、オンラインエディタの開発及び高速化、その他大規模案件のPM経験等を経て、FRAIM創業当初より開発に参画

  • 山田 純希 (営業企画部長)

    京都大学大学院農学研究科卒業。卒業後は外資系投資銀行でキャリアスタート。スタートアップ企業から大企業にわたるまで複数のM&A、債券発行による資金調達、グローバルIPO、大規模株式調達案件の提案及び執行に従事。2020年8月にFRAIM株式会社に営業企画部長として参画。マーケティング全般、協業先とのプロジェクトマネジメント、OEM製品の企画販売等、営業企画部門の責任者をつとめる。