アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社AGRI SMILE

サステナビリティ・環境

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

■MISSON
「テクノロジーによって、産地とともに持続可能な農業と地域をつくる。」

AGRI SMILEのミッションは、 各産地のビジョンを産地と共に実現していくことです。
技術を集積・継承していくツールとしてのソフトウェア、 集積されたデータを元に新技術を生み出すScience、両者の相互作用によって農業界の発展を支援します。

■VISION
「耕作することが、産業であり続ける世界。」

農業がビジネスとして成り立ち、将来にわたって続いていく世界を実現する。
そのためには、栽培環境やニーズの変化に適応し、マーケットから評価される農畜産物を作り続ける必要があります。
わたしたちは、それを可能とするテクノロジーを開発・提供します。さらに、農業に携わる人々が経済的にも精神的にも豊かな生活を送ること、環境や地域と調和した栽培体系を確立することを目指します。

会社概要

AGRI SMILEでは、「産地」というエコシステムにフォーカスしたサービスを提供しています。産地とは、多様な規模・営農類型・年代の生産者様と、それを支援するJA・行政様のことを指しています。
数ある課題の中でAGRI SMILEでは「栽培領域の技術」に焦点を当て、プロダクトと研究開発によって解決していきます。具体的なプロダクトは下記の3つであり、それぞれの分野でスペシャリストの採用を進めています。

■ ① AGRI Suite
------------------------------
- 動画(2D / VR)による技術の集積・体系化
  各地域の生産者様、JA様、行政様と提携し、動画の作成・共有をおこなっています。
  2021年3月現在、10先のJA様・行政様で導入いただいております。

- 栽培履歴のクラウド化
  農薬の適用・混用・使用回数の自動判定による誤使用抑止、圃場マッピング、
  作業カレンダー等の機能を搭載したアプリケーションです。研究部門と連携し、
  抵抗性の出にくい農薬ローテーションの提案、土壌微生物のメタゲノム解析などへの
  データ活用も見据えています。

- 気象・土壌センシングデータの提供
  カスタマイズ性の高いビューアで、気象・土壌の情報をリアルタイムで確認するできます。
  病害虫発生ロジックも実装可能で、現場の作業判断を強力にサポートするシステムです。

- ECシステムの構築
  産地の魅力を発信しファン形成につなげる新しい形のECサイトを構築しています。
  販売データの分析や栽培現場へのFBにより、産地のPDCAの中核となるシステムです。

- 青果物のデータ解析
  選果場で得られる青果物の成分・外観データの分析や、青果物に含まれる健康機能成分の解析を
  実施し、産地の収益性向上に寄与しています。



■ ② ACADEMIC Suite
------------------------------

オンラインあるいはオンライン&オンサイト形式で学会の開催を可能にする「ONLINE-CONF(オンライン学会システム)」を提供しています。

<ONLINE-CONFの主な特徴>
・オンサイト会場で行っていたポスターセッションをオンライン化できます。
 多数のポスター発表を並行して実施することができるほか、
 オンライン開催の学会で課題となりやすいリアルタイムの意見交換をビデオ通話を用いて円滑に行うことが可能です。
・評価/投票機能が搭載されており、全ての発表者が他の参加者からのフィードバックを受けられます。
 研究者のモチベーションアップに寄与します。
・決済や演題登録から、当日の発表・交流まで1つのシステムで一元管理することができ、運営者の事務負担を軽減します。


■ ③ 研究開発
------------------------------
独自のバイオスティミュラント資材評価系を用いて、食品産業における未利用資源を活用したバイオスティミュラント資材の研究開発及び評価事業を推進しています。
特許に関わる部分になるため、詳細は是非直接お話ししましょう!

会社名 株式会社AGRI SMILE
代表者名 代表取締役/CEO 中道貴也
設立年 2018年
所在地 東京都
従業員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://agri-smile.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

中道貴也 (代表取締役/CEO)

2017年京都大学農学研究科修了。在学中は地元兵庫県丹波市に農業で貢献したいという思いから、農業資材の研究に取り組んだ。(対象資材は「第25回地球環境大賞」にて「農林水産大臣賞」を受賞。)
社会ではビジネスの観点から農業を活性化させたいと考え、新卒で東証一部上場企業の経営企画職として入社。新規事業の立案だけでなく、ITを駆使した業務効率化やデータを活用した粗利改善を全国で行う。また、社内の次世代を担う幹部候補生採用にも注力する。その後、農業を通して各地域をより魅力的な場所したいという想いから、2018年8月、株式会社AGRI SMILEを設立。

メンバー

  • 山田 亮 (経営管理部)

    新卒で大手会計系コンサルティング会社に入社し製造業や運送業を中心に経営管理領域のコンサルティング活動に従事。
    その後、東証一部上場企業の経営企画室や関連会社取締役として、経営企画・財務・経理・人事・法務などの業務を経験。
    2021年よりAGRI SMILEに参画し、コーポレート業務全般を担当。

  • 新田 龍生

    2018年大阪大学卒業。元Web系ベンチャーのフルスタックエンジニア。
    前職では遠隔医療システムや情報メディアのフロントエンド/バックエンド/モバイルアプリを担当。

  • 高橋 さくら (BizDev)

    2016年北海道大学農学部卒。前職では、北海道および千葉にて農業融資に携わる。公私で畜産・柑橘・畑作の現場を周る中、栽培の課題解決に携わりたいという思いをもち、2020年にAGRI SMILEへ入社。SalesとBizDevを担当。

  • 石田 光明 (Designer)

    官民協働留学奨学金プログラム、「トビタテ留学JAPAN」1期生としてニューヨークのパーソンズ美術大学に留学。 2017年より、総合デザイン会社にてグラフィックデザイン、WEBデザイン、CIデザインなど幅広い領域のクライアントワークに従事。 2019年より アディッシュ株式会社のインハウスデザイナーとして新規事業開発領域のデザイン・リサーチなどを担当。 現在は株式会社AGRI SMILE, ZaPASS JAPAN 株式会社など、複数の企業をデザインパートナーとして支援している。株式会社O-DE(オーデ) CDO。

  • 林 大祐 (研究開発部 マネージャー)

    京都大学大学院農学研究科修了。
    大手飲料メーカー入社後、品質管理・生産プロセスの改善や生産現場のDXに関する技術に携わる。業務の傍ら、原料となる農産物の圃場や生産者の元を回り、農業現場における種々の課題に直面する。技術的な側面から農業課題の解決に興味を持ち、2020年AGRI SMILEへ参画。
    自らの経験を活かし、ONLINE-CONFの構想・設計を担当した後、現在は研究開発部にてバイオスティミュラント資材関連研究を中心に、持続的な農業の実現に向けた研究を推進。

  • 上田 ゆうな (研究支援事業部)

    東京大学経済学部卒業。
    有機野菜などを扱う食品宅配会社に新卒入社し、商品・サービスの広報や、農業関係者が集う大型イベントのプロジェクトマネージャーを経験。業務を通じて、生産者が研究者との交流を欲しているものの、その機会が限られていることを実感する。
    栽培現場とサイエンスの距離を縮めることで産業を発展させていきたいというビジョンに共感し2021年7月よりAGRI SMILEに入社。研究者間の交流や産学連携を推進するオンライン学会システム「ONLINE-CONF」の事業開発を担当。