テクノロジーで産地とともに未来をつくる

株式会社AGRI SMILE

会社の特徴

AGRI SMILEは、「テクノロジーによって、産地とともに農業の未来をつくる」を経営理念に据え、豊かな経験を持つ産地と、進化を続けるサイエンステクノロジーを融合することで、環境に優しい魅力あふれる農業の実現に取り組んでいます。

国内最大規模の産地ネットワークを活かし、データサイエンス技術による農業DXソリューション、最先端バイオテクノロジーによる生産技術、産地のブランディング支援などを展開しています。また、技術創出の源泉であるアカデミアの交流を活発化するプラットフォームを提供し、社内外で技術を連携させています。今後も、産地と調和した革新的なサービスを通じて、笑顔(SMILE)のある未来を創造し続けてまいります。

■ ① Academia-Hub
------------------------------
- 学会の運営支援、研究者と企業をつなぐ複数プロダクトの開発・提供など、それぞれのプロダクトが相互に循環することでアカデミアの活性化を推進します。
オンラインあるいはオンライン&オンサイト形式で学会の開催を可能にする「ONLINE-CONF(オンライン学会システム)」を提供しています。

<ONLINE-CONFの主な特徴>
・オンサイト会場で行っていたポスターセッションをオンライン化できます。
 多数のポスター発表を並行して実施することができるほか、
 オンライン開催の学会で課題となりやすいリアルタイムの意見交換をビデオ通話を用いて円滑に行うことが可能です。
・評価/投票機能が搭載されており、全ての発表者が他の参加者からのフィードバックを受けられます。
 研究者のモチベーションアップに寄与します。
・決済や演題登録から、当日の発表・交流まで1つのシステムで一元管理することができ、運営者の事務負担を軽減します。

■ ② KAISEKI
------------------------------
-選果・肥料・農薬・土壌・環境等、貴重な農業データを相互連携し、AGRI SMILEの農学研究者が、農業ビッグデータに基づき、仮説/検証/フィードバックを手掛けています。
営農指導員と共に、それぞれの課題に沿ったデータ解析を行うことで、栽培改善へとつなぐ持続的な農営支援を行っています。

-生産履歴のクラウド化により、生産者の履歴記帳の負担を軽減し、産地全体でのデータ集積を可能とします。次に集積された圃場ごとの防除・施肥データに、選果成績や土壌分析、気象などのデータが掛け合わされたビッグデータを農学の知見に基づき解析します。その解析結果をビジュアライズして生産者へフィードバックするとともに、それに基づく次作の資材注文をアシストし、栽培におけるPDCAを高速化・高度化を支援します。

■ ③ 産直プライム
------------------------------
-各JA様それぞれの直販ECサイトを構築し、販売促進をサポートするサービスを提供しております。
産地ブランドの向上に寄与し、新たな販路開拓と既存流通の販売促進の実現を目指します。

-販売という軸を中心に多角的なアプローチの支援を行っています。
自社メディア運営による産地PRやInstagramなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を活用した全国発信のブランディング、顧客ロイヤリティの向上施策を行い、地域の限定・特産品としてPRし、産地のブランドの認知向上に寄与していきます。

■ ④ BS研究開発事業
------------------------------
-独自のバイオスティミュラント資材評価系を用いて、食品産業における未利用資源を活用したバイオスティミュラント資材の研究開発及び評価事業を推進しています。
特許に関わる部分になるため、詳細は是非直接お話ししましょう!

VISION

■Purpose

「テクノロジーによって、産地とともに持続可能な農業と地域をつくる。」

■AGRI SMILEが大切にしていること
『 至誠 』 (誠を尽くす)
すべての人・すべて事象に対して、誠実に向き合い続けることで、想いは通じる。
ネガティブもポジティブに転換させる、セレンディピティのために。

■Values

01 For Action
既存の枠にとらわれず、自らの意思で前進。
失敗を恐れないチャレンジで、社会に対して価値提供をし続ける。

02 For Science
探究心で情報を収集し、本質を考え抜く。
構造的に捉え、自らの道筋を立てた仮説で、理知的に事業活用する。

03 For Collaboration
自らの働きかけで、組織内外と協働・協調。
多様なステークホルダーの価値観を受け入れ、未来をつくる。

会社概要

会社名 株式会社AGRI SMILE
代表者名 代表取締役/CEO 中道貴也
所在地 東京都
会社URL https://agri-smile.com/
設立 2018年
従業員数 51 〜 100人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

中道貴也

代表取締役/CEO 中道貴也

詳細を見る

2017年京都大学農学研究科修了。在学中は地元兵庫県丹波市に農業で貢献したいという思いから、農業資材の研究に取り組んだ。(対象資材は「第25回地球環境大賞」にて「農林水産大臣賞」を受賞。)
社会ではビジネスの観点から農業を活性化させたいと考え、新卒で東証一部上場企業の経営企画職として入社。新規事業の立案だけでなく、ITを駆使した業務効率化やデータを活用した粗利改善を全国で行う。また、社内の次世代を担う幹部候補生採用にも注力する。その後、農業を通して各地域をより魅力的な場所したいという想いから、2018年8月、株式会社AGRI SMILEを設立。
2020年、Forbes 30 Under 30 Asia 2022 選出

インタビュー記事はこちら
大堂 由紀子

技術戦略室 執行役員 大堂 由紀子

詳細を見る

大阪大学大学院・博士(工学)。アクセンチュア株式会社を経て、日本ユニシス株式会社入社後、知的財産の格付け・投資助言を行う子会社を設立。テック系イノベーターとして、製造、金融、流通、公共など新規事業立ち上げに従事し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)施策の採択にて国内初の衛星データ民間利用プロジェクトを設立、JAXA地球観測に関する科学アドバイザリ委員会委員(2014年~現任)を務めている。2018年株式会社メルカリ入社、オフライン戦略領域で日本事業の成長に寄与。
2022年8月にAGRI SMILE参画し、研究開発部の事業化および技術戦略を管轄。

村尾 昌大

産地事業部 村尾 昌大

詳細を見る

2017年東京大学法学部卒業。
新卒でwebマーケティング会社に入社後、100社以上のWebサイトを分析。また部署全体のサービス提供品質の向上を期待役割として、ノウハウ開発・浸透に従事。
自身のスキルやノウハウを活かして、在学中に取り組んできた地域に貢献する仕事ができる環境に惹かれ、2022年7月よりAGRI SMILEに入社。
マーケティングを職能として、各産地ECの売上拡大やAGRI SMILEの事業の1→10、10→100 に責任をもつ。

上田 ゆうな

研究支援事業部 上田 ゆうな

詳細を見る

東京大学経済学部卒業。
有機野菜などを扱う食品宅配会社に新卒入社し、商品・サービスの広報や、農業関係者が集う大型イベントのプロジェクトマネージャーを経験。業務を通じて、生産者が研究者との交流を欲しているものの、その機会が限られていることを実感する。
栽培現場とサイエンスの距離を縮めることで産業を発展させていきたいというビジョンに共感し2021年7月よりAGRI SMILEに入社。研究者間の交流や産学連携を推進するオンライン学会システム「ONLINE-CONF」の事業開発を担当。

林 大祐

研究開発部 マネージャー 林 大祐

詳細を見る

京都大学大学院農学研究科修了。
大手飲料メーカー入社後、品質管理・生産プロセスの改善や生産現場のDXに関する技術に携わる。業務の傍ら、原料となる農産物の圃場や生産者の元を回り、農業現場における種々の課題に直面する。技術的な側面から農業課題の解決に興味を持ち、2020年AGRI SMILEへ参画。
自らの経験を活かし、ONLINE-CONFの構想・設計を担当した後、現在は研究開発部にてバイオスティミュラント資材関連研究を中心に、持続的な農業の実現に向けた研究を推進。

渡邊 寛子

研究開発部 渡邊 寛子

詳細を見る

京都大学農学研究科博士課程修了。
アカデミアで特定助教に着任し、微生物を対象とした研究に従事。所属研究室の複数プロジェクトを担当しながら、バイオ研究とその産業的な事業展開について肌感覚と考察を深めた。2022年4月よりAGRI SMILE に入社し、研究室と現場を行き来しながら、農の現場と最先端科学とを繋ぎ、現場に浸透する研究を加速する。

 新田 龍生

プロダクト開発部 新田 龍生

詳細を見る

2018年大阪大学卒業。元Web系ベンチャーのフルスタックエンジニア。
前職では遠隔医療システムや情報メディアのフロントエンド/バックエンド/モバイルアプリを担当。

新井 美和

プロダクト開発部 新井 美和

詳細を見る

早稲田大学人間科学部卒業。
住宅リノベーション会社に勤務後、社会課題や問題解決としてのデザインに興味を持ちOHAKO, inc.にデザイナーとして入社。デジタル領域のサービスのリニューアルやグロースを主軸に従事。
2021年7月よりAGRI SMILEに参画し、ONLINE CONFやEC事業をメインに担当。その他に、ライブ配信事業や公共手続きのデジタル化事業など複数社にてデザイン支援を行う。

山田 亮

経営管理部 山田 亮

詳細を見る

新卒で大手会計系コンサルティング会社に入社し製造業や運送業を中心に経営管理領域のコンサルティング活動に従事。
その後、東証一部上場企業の経営企画室や関連会社取締役として、経営企画・財務・経理・人事・法務などの業務を経験。
2021年よりAGRI SMILEに参画し、コーポレート業務全般を担当。

求人一覧 (20件)

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

株式会社AGRI SMILEの求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

気体を自在に操る世界を創る

株式会社Atomis
  • サステナビリティ・環境
兵庫県

株式会社Atomis(アトミス)は、多孔性配位高分子(PCP/MOF)をはじめとする次世代多孔性材料を用いて、気体の新しい可能性を探求する企業です。多孔性配位高分子は、ナノサイズの空孔を持つ高分子で、気体を選択的に吸着したり、化学反応させたりすることができます。この技術により、気体の貯蔵・分離・変換などの分野で革新的なソリューションを提供できます。Atomisでは、材料の設計…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

人類は​核融合で進化する

株式会社Helical Fusion
  • サステナビリティ・環境
東京都

【事業概要】
商用核融合炉および関連技術の開発

核融合の実現を通じて人類のさらなる進化を目指すディープテックスタートアップです。
我々はヘリカル核融合炉で持続的かつ安定したエネルギーを創造し、このさき百万年続く地球と人類の共生を可能にします。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

クリーンなエネルギーをつくる未来の屋根

株式会社モノクローム
  • 建設 / サステナビリティ・環境
東京都

モノクロームは、エネルギーをつくる屋根と次世代の住宅の心臓部となるホームオペレーティングシステム(次世代版HEMS)を開発しています。

太陽光パネルなど家に関するプロダクトは世の中に多くありますが、そのすべてが消費者にとって良いものとは言い切れません。創業者の梅田がモノクロームを立ち上げたのも、自宅を建設する際に「理想の家を実現させるシステム」が存在しなかったから。私たちは自然エネルギーを効果的にとりいれながら、家族とゆっくり過ごせる家、快適に暮らせる住まいづくりに貢献してまいります。

■Roof-1
Roof–1は、エネルギーをつくる屋根です。
太陽光パネルが一体になった屋根材と、同色の金属屋根やパーツ類で、他にはないデザインを実現。
エネルギーの発電と自家消費に必要な設備を、販売から施工…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

イネからミルクを~美味しさを、サステナブルと共に~

株式会社Kinish
  • サステナビリティ・環境 / コンシューマーbiz
東京都

温室効果ガスの約20%は食品由来と言われており、昨今一層問題視されている地球温暖化を防ぐためには、地球に優しい食品の製造が求められています。この解決策として植物性食品が注目されていますが、植物性食品は美味しくないという評価があり、中々世の中に広まりません。
株式会社Kinishは、植物分子農業という技術を用いることで、動物性たんぱく質を植物に生成することができ、こ…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載