テラドローン株式会社

IoT

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

VISION

日本発のベンチャー企業として、アップル・サムスンを超えるインパクトを世の中に残す企業になります。

かつて明治時代の日本では、近代国家建設という共通の目的に向かい、各分野の若き精鋭がそれぞれの持ち場で200%以上の力を出して、新たな時代を切り拓きました。また戦後には「日本再建」という志を胸に、何もない焼け野原から数多くの世界的企業が生まれました。このような時代では日本全体が創業期のベンチャー企業のスピリットを持っていたと言えます。

現在シリコンバレーや中国では、急速に成長するベンチャー企業が莫大な雇用・富をうみ、国家を牽引しています。一方、日本では電機メーカーをはじめとする大手企業が凋落するなど、終わりの見えない閉塞感に覆われています。今、かつての日本のように世界を引っ張って行く事が出来るようなベンチャー企業が生まれて、この閉塞感を打ち破るべき時が来ています。

Terra Groupは、日本が世界に誇る技術分野で、設立当初からグローバル市場で戦う事を前提に創業された企業です。Drone、Electric Vehicleという新しい市場を生み出しリード出来る存在になる事で、日本発のベンチャー企業が世界で通用することをもう一度証明します。また、日本社会、特に若者をインスパイアして、世界で勝負すること、高いハードルを乗り越えリスクに挑戦することが当たり前の日本社会をつくる事に貢献します。

今こそ、日本全体がもう一度立ち上がる時です。Terra Groupはその先頭に立ち、日本人の誇りを蘇らせます。

会社概要

本社を東京におき、全国6支社と海外数カ国に拠点を構え、国内外にてドローン関連のソフトウェア・サービスを提供。
独自技術、ノウハウによる高精度の担保、データ解析の高速化、柔軟な対応力、自社開発のソフトウェア等が特徴で、大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの受注を中心に、600回以上のUAV測量実績を有している。
また、ドローン運行管理システム (UTM)事業では、世界有数のUnifly社と提携し、
筆頭株主として次世代のシステム開発を 行う。

グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造、販売し、海外にて年間3 万台を売り上げるテラモーターズ株式会社。

会社名 テラドローン株式会社
代表者名 代表取締役 徳重 徹
設立年 2016年
所在地 東京都
社員数 51 〜 100人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

会社HP https://www.terra-drone.net/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

徳重 徹 (代表取締役)

1970年山口県出身。九州大学工学部卒業。
住友海上火災保険株式会社(現・三井住友海上火災保険株式会社)にて商品企画・経営企画などに従事。
退社後、米Thunderbird経営大学院にてMBAを取得。シリコンバレーのインキュベーション企業の代表として IT・技術ベンチャーのハンズオン支援に従事。
2010年に電動二輪三輪をグローバルに製造販売する、Terra Motors株式会社を設立。
2016年にドローン関連の産業×ソフトウェア・サービスをグローバルに展開する、Terra Drone株式会社を設立。

メンバー

  • 赤羽 雄二 (戦略立案関連顧問)

    コマツ、マッキンゼー&カンパニーに入社。ソウルオフィスをゼロから立ち上げ、パートナーに就任。LGエレクトロニクスの今日の世界での成功の基礎を築く。その後、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業し「日本発の世界的ベンチャー」を生み出す事を使命として活躍中。東京大学工学部、スタンフォード大学院卒業。

  • 鹿谷 博次 (製造・品質関連顧問)

    ヤマハ発動機(株)にて、主に海外の生産管理、品質管理の仕事に従事。インドネシアで電装部品の製造管理部長、台湾で購買、品質担当の副社長、中国重慶にて製造管理、原価管理、TPM活動推進。新機種の導入でヤマハ本社 から社長賞受賞。九工大工学部卒

  • 市川 匡四郎 (東南アジア販売関連顧問)

    三菱商事の自動車部で24年間、ベトナム・タイ・インドネシア・韓国・台湾等のアジア諸国での自動車製造・販売業務に従事、ベトナムにおける自動車製造・販売合弁会社のハノイ支店長を務める。その後JETRO・JICAの海外投資アドバイザー、ベトナム社会主義国外国投資庁アドバイザーとしてホーチミン・ハノイに駐在。

  • 河野 一成 (財務関連顧問)

    ソロモン・ブラザーズ アジア証券会社、ソロモン投信委託等の外資系投資銀行でのニューヨーク勤務の後、リヴァンプキャピタル代表取締役社長等を歴任。慶應義塾大学准教授として電気自動車のマーケティングに関する研究も行う。慶應義塾大学経済学部卒業。